狭山オンライン署名に寄せられた
みなさまからのメッセージ・・・・・・

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   >>

狭山市に実地研修に行ったことがあります。無実であることを証明され、一刻も早 く解放される日がくることを願っています。

石川さんの無実は明らかです。全証拠の開示命令と事実調べを行い、1日も早く再審を開始してください。

冤罪事件の多くが物的証拠が乏しく、自白偏重(強要による)により生み出されている、特に戦後 間も無い昭和20年代に多く警察,検事による自白調書の捏造,証拠のでっち上げによる事件が多い。 司法当局は、今日まで冤罪と疑わざるを得ない多数の事件を当局のメンツと権威を維持するため再審の 道を閉ざし、真犯人が名乗り出た事件でさえも当初再審請求を棄却している。 (後に再審無罪、弘大教授婦人事件)マスコミ関係者はこのような司法の実態を多くの国民に周知すべ き使命があり又、国民一人一人が関心を持って司法自らが自らの判断に疑念が生じた場合直ちに再審 理すべく姿勢を喚起していく以外司法改革の道はない。今日まで司法権力に屈せず今尚戦い続けている 石川さんご夫妻並びに支援団体各位に敬意を表すと共に今後一国民として引き続き関心を持ち、来るべ き再審により無罪判決は基より司法当局が自らの過誤を弾劾すべく真摯な判決を望みたいと思います。

素直な気持ちでほんの少し勉強すれば石川さんは無実だと確信できる証拠がたくさんあるにもかか わらず、何故こんなに裁判所はかたくなに門を閉じてしまうのか。“疑わしきは罰せず“というが、その原則 は本当に裁判所の中に生きているのだろうか。どう考えてもわからない。「国家による差別」ということを思 わざるをえない由縁である。そうではないとするなら、司法(国家)は、すべての証拠を開示させ、事実調べ を行い、国民の前で正々堂々とすべての疑問に答え、自らへの疑いを晴らすべきだ。

メルマガ「狭山の風」へ