狭山オンライン署名に寄せられた
みなさまからのメッセージ・・・・・・

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   >>

狭山は差別裁判です。部落差別のゆえに国家権力によって仕組まれた権力犯罪です。 したがって石川一雄さんは無罪なのです。そして、権力犯罪と石川さんの無実を裏付ける証拠 は数多くあります。
あとは、それをもとに多くの部落大衆と市民が立ち上がれば、無罪は晴らせるのです。石川さん の無罪を晴らすのは、差別を許さず、国家犯罪を許さない、私たち一人一人の責任です。ここ からしか部落完全解放の道は開けません。
頑張りましょう。

石川一雄さんの無実を確信しています。
実名で公表下さってかまいません。(三浦和義)

冤罪は絶対許せない。最後まであきらめないで、無罪を勝ち取ってください。 町田あきら最高裁長官は「ひらめ裁判官はいらない」と大見得をきったけど、この 事件の再審が実現しない限り、かれの発言はうそ八百の無責任発言の域を出ないでしょう。

石川一雄さんの声に虚心坦懐に耳を傾け、弁護団が提示する証拠を素直に 見れば、無実は明らか。こんな明らかなことをまっすぐに見ることができない受験エリートの「学力」 と石川さんが闘いの中で獲得した「学力」とどちらが本物か、いつもそれを考えます。人権が尊重さ れる社会へ向け、石川さんの再審を強く求めたい!

「冤罪」が他人事ではないということが実感させられました。
少しでも普通の人より「弱み」(差別される)のあるところへ 流れていく様に思います。「法律」という身を守る武装をしなければならない。
今は警察側の集めた「材料のみ」で検察・裁判が進んでしまうことを、弁護側の材料も 含めた全部で、双方が吟味すべきなのではないでしょうか?現に未提出証拠が、 「2M以上の高さである」などとは・・・

メルマガ「狭山の風」へ