狭山オンライン署名に寄せられた
みなさまからのメッセージ・・・・・・

 <<  11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   >>


権力が間違いを犯しながら、それを認めようとしないという無責任ぶりが、この狭山事件にも表わ れています。権力の無責任をこれ以上許さないためにも、狭山事件の再審を強く求めていきたいと思います。

裁判員制度が施行されようとしています、しかし最近の民事裁判、行政裁判、刑事裁判に於ける判決 を見ている限り、判事自身の資質を向上させない限り「冤罪」は無くならないと思わざるを得ません、と言う より「誤審の責任」を国民にも負わせ、誤審を正す国民の正当な行為である「冤罪支援活動」を不可能に するための、「司法関係者の意図」を疑わざるを得ない思いです。
「百人の犯罪者を逃すことより、一人の冤罪者も出さないことが大事である」と言うことを再認識したい。

ずっとこの事件の裁判を不合理だと思ってきましたので、今度こそ再審が実施され、無罪がはっきり と示されることを強く望んでいます。自白の強要で、冤罪が生まれない取り調べや裁判の仕組みに緊急に 変えてほしいと痛感しています。

裁判所は権力に迎合するな。権力の不当な抑圧から民衆を守ることが法律の「本来の使命」ではないか

日本の司法が国家権力に屈せず正義を行う事を実証することを、切に切に望みます。

一日も早い再審を!

近頃、裁判所の判決に疑問が多すぎます。 検察、裁判官の保身あるいは怠慢と思わざるを得ません。 狭山事件の再審によって、納得いく判定を望み、今後の裁判にも模範となって欲しいものです。

メルマガ「狭山の風」へ